申請当事者の出頭が必要

登記申請には申請当事者(または代理人)の出頭が必要です。郵便による申請は認められません。ただし、不動産の表示登記申請は出頭の必要はありません。登記申請手続きをして登記ができると、登記所は申請による新登記の「登記済証」を還付します。これは今回の登記申請書に添付した「登記原因を証する書面(原因書面)」に登記所の登記済印を押して還付するものです。登記印とともに、受付年月日、受付番号、順位番号、登記済の旨、も記載されます。原因書面とは前項で述べたように、所有権移転や抵当権設定といった登記の原因(登記の中身である権利変動)が記載された文書です。ただし、原因書面を提出できないときは登記申請書の副本で代用ができることも前項で述べました。この登記済証を俗に「権利証」と呼んでいます。権利証といっても株券のように権利が付着したものではなく、単なる登記済を証するだけの書面ですから、これを入手しても権利を取得したことにはならず、また、取られたり、紛失をしても権利を失うことにはなりません。では、登記済証(権利証)はなんの役に立つのでしょうか。登記申請手続きをするとき登記申請書に登記済証を添付しなければならないので、その役に立つのです。

Comments are closed.