賃貸借契約のトラブルで

賃貸借契約のトラブルで多いのが破損や汚れをめぐるトラブルです。これはどちらがその修繕費を負担するかということでもめることが多いのですが、その前提として「初めから壊れていたのか」「入居してから壊れたのか(壊したのか)」「初めから汚れていたのか」「入居してから汚れたのか(汚したのか)」でもめることも多くあります。このように「入居時の状態」をめぐるトラブルを避けるためには、入居時の状態がどうであったかを貸主と借主の双方が立ち会って確認しておくことが必要です。借主と一緒に汚れている箇所を確認することによって、このようなトラブルを防止できるばかりでなく、借主にきれいに、丁寧に使うという意識をもってもらうことができますので、壊したり汚したりすることを防ぐという効果も期待できます。できれば仲介業者に立ち会ってもらって、借主と確認します。修理などができなかった箇所、つまりキズがある箇所、壊れている箇所、汚れている箇所を、借主と一緒にチェックリストに記入しながら確認していきます。前もって写しておいた写真を見せながら、チェックリストに貼っていくとよいでしょう。もし事前に気づかなかったものがあれば、その場でチェックリストに記入します。部屋の全部の確認が終わったら、チェックリストに確認の日時を記入し、貸主、借主が署名押印します。立会人として仲介業者にも署名押印してもらっておくとよいでしょう。チェックリストは同じものを2通作り、貸主と借主とでそれぞれ保管するようにします。部屋の賃貸借は、貸主が部屋を貸すことに対して、借主がその使用料(家賃)を払うという契約です。貸主は使用に支障がないように部屋を貸さなければならず、そのことに応じて家賃が定められているというのが基本です。そして、途中で室内の設備が壊れて使用に支障が出てきたような場合には、貸主が費用を負担して修繕しなければならないというのが原則となります。したがって、貸主が修繕すべきであるのに修繕をしない場合には、借主は修繕しないことによって使用が妨げられた分の家賃を支払わずにすむことになります。ただし、貸主が修繕をしようという場合には、借主は貸主が頼んだ業者の室内への立入りを拒んだりすることはできません。もし、借主の不注意や故意によって部屋の中が壊れたような場合には、借主の費用負担となります。賃貸借契約には多くの場合、蛍光灯の交換、ふすま・障子の張替え、畳の表替えなど「小さな修繕」については借主の負担とするという特約が入っています。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>